シニアレジデントで医療技術を高める

シニアレジデントと言うのは、二年間の臨床研修であるジュニアレジデント終えて、次は自分が決めた専攻のものを深めていく研修にはいる、後期臨床研修医のことをいいます。
都立や公社病院といった地域医療から高度医療までを担うことができるよう、各専門のカリキュラムを行い、学会専門医の受験資格収得をおこなっています。
ゆえに、総合診療能力の向上が出来るよう、目標を掲げているのです。
それを行っているのが、東京医科大学です。
シニアレジデントの研修プログラムには、内科や外科などがあり、それぞれの診療でも、独自の研修を行っています。
その魅力とも呼べるのが、3つあります。
チームの東京医大で支える指導体制で、職員が一丸となって研修医の成長をフォローアップしています。
二つ目はプライマリ・ケアからロボット医療まで、充実の研修プログラムです。
手術支援ロボットの先進医療を経験や、患者に対する面接技法などを学びます。
3つ目はクリニカル・シミュレーション・ラボで、実践的な臨床トレーニングをし、自分を高めていきます。

このページの先頭へ