フィリピン投資セミナーに参加してみました

将来の年金不安が叫ばれる中、退職をあと10年ほどに控えた私たち夫婦は、マリモさんのフィリピン投資セミナーに参加してみました。
少子高齢化や年金財政の悪化による年金額の減少に不安が募る一方、株や債券相場も勢いが悪く、預金金利もわずかな時代です。
安心して老後を送るにはどうしたらいいか考えた末、夫婦で投資セミナーに参加してみたのです。
不動産投資はもちろん、海外投資も初めての私たちにとって、目から鱗のことばかりでした。
最近、知り合いの中には不動産投資を始めて家賃収入が入ってくると喜んでいる人もいるのですが、少子高齢化で人口減少が進む中、それも今だけかもしれないということに気づかされました。
この点、フィリピンはこれからが日本における高度経済成長期を迎えるに等しい状況にあり、若い人口もたくさんいます。
ますますの人口増と経済成長、収入アップが期待できるので、不動産を取得すれば、安定的な家賃収入が見込めることが分かりました。
また、フィリピンではリタイアメントビザの発給も可能ということで、将来的には売却を期待するのではなく、自ら移住して南国リゾートの暮らしを楽しむという選択肢もあります。
年金代わりにもなり、将来の棲み処にもなるかもしれない不動産投資に魅力を感じました。

このページの先頭へ