社労士はずっと続けていける仕事です

社労士とは、企業における労務・年金・保険に関するスペシャリストです。
企業が大きくなればなるほど、社員一人ひとりにとって大事なことになりますし、中小企業においても規模の違いこそあれ、大事なことに変わりありません。
労務・年金・保険は大事なことであるにも関わらず、仕組みが複雑で、なかなか素人にはむずかしいこともたくさんあります。
そこで、企業ではこれらの仕事を担当する中に、最低でも一人は社労士の資格保持者で、専門的な知識を駆使して業務に当たれる人材を確保しなければなりません。
企業の規模が大きければ、最低でも一人、本音のところは複数人必要と言っていいでしょう。
そう考えると、企業において従業員がいなくなることはなく、経済活動において企業がなくなることはありませんので、社労士の需要も絶対になくならないと言っていいと思います。
そうなれば、リストラでいきなり会社を辞めさせられるといったこともなく、資格を持っていることで、ずっと仕事を続けていけることになります。
資格を取るためには勉強が必要ですし、人より努力することが求められます。
けれど、その結果、会社にとって必要な人材となれるとなれば、がんばって資格取得に励もうと思えるのではないでしょうか。

このページの先頭へ